食物繊維が豊富な大麦商品・雑穀などの製造販売。永倉精麦株式会社

トップページ > 会社案内 > 会社沿革
会社案内
会社沿革
 明治41年3月  永倉吉平翁により、沼津にて水力動力による精米並びに圧搾麦製造を開業
 大正8年11月 永倉合資会社設立
 昭和5年11月
 鈴木式精麦機械設備を導入し圧搾麦の近代工業化を図る
 昭和13年11月
 株式会社永倉商店に改組
 昭和19年8月
 永倉精麦株式会社に商号変更
 昭和22年10月
 東京都港区竹芝に東京工場を新設し、2工場体制となる
 昭和40年10月
 生産合理化により東京工場を本社工場と統合する
 昭和49年10月
 東京都港区海岸(旧東京工場跡地)竹芝ビル建設(12F)
 昭和50年4月
 麦茶ティーパックの本格生産を開始
 昭和59年4月
 本社工場を現在の長泉工業団地内に移転
 昭和63年8月
 (有)長泉ショッピングビル設立
 平成4年6月
 冷凍麺の製造開始
 平成6年9月 いずみ食品株式会社(冷凍麺製造)を設立
 平成13年2月 JAS法改正下、業界初の有機JAS認定工場となる
 平成18年11月 東京・竹芝ビルを売却
 平成18年12月 品質マネジメントシステム(JISQ9001:2000、ISO9001:2000)に登録
 平成18年12月 東京都中央区新川のアクロス新川ビル・アネックスを取得(区分)